XMの口座開設について説明したいと思います。

STEP1.必要な書類を準備しよう

まず、手元に必要な書類を準備しましょう。

①身分証明書(下記のいずれか)

・免許証

・パスポート

・マイナンバーカード

 

この写真をインターネット上で提出することになりますので、

スマートフォンのカメラで撮影、もしくはスキャナーで読み込みます。

 

②現住所が確認できるもの(下記のいずれか)

・過去6カ月以内の公共料金請求書(水道、電気、ガス、携帯電話、クレジットカード等)

・住民票

 

 

こちらも写真をインターネット上で提出することになりますので、

身分証明書と同様、スマートフォンのカメラで撮影、もしくはスキャナーで読み込みます。

※現住所の書類と身分証明書の情報は一致している必要があります。

このあたりがあれば良いでしょう。

 

STEP2.口座開設を申し込もう!

 

準備は大丈夫でしょうか?

XMのサイトから、口座開設を申し込みましょう。

以下のバナーからXMのホームページを開きます。

そうするとこんなページに飛びますので、

画像の青い枠「口座を開設する」ボタンをクリックします。

 

以下のような画面になります。

 

海外の口座ですので、表示は日本語ですが

入力は全てアルファベット文字のみで入力します。

まずは個人情報を埋めましょう。

 

下のお名前 例:Taro
②性 例:Yamada
③居住国 「Japan」です。
④希望言語 「日本語」を選択してください。
⑤電話 海外口座ですので、海外からかける形式で入力します。
例えば、携帯電話番号が「090-1234-5678」である場合は
最初の「0」が「+81」になりますからここで入力するのは「+818012345678」です。
あなたの電話番号の最初の 0 を +81 に置き換えればOKです。
⑥Eメール パソコンのEメールアドレスを入力しましょう。
携帯電話のアドレスでも登録できるとは思いますが、
携帯のアドレスが変わるたびに変更するのが手間ですので
パソコンのEメールアドレスをお奨めします。
⑦取引プラットフォームタイプ 仮想通貨を取引されるのであれば「MT5」を選択します。
⑧口座タイプ 少額取引をされるならマイクロ(1lot=1,000)
大きい取引をされるならスタンダード(1lot=100,000)
将来的に10万円以上の取引を考えているならスタンダードで良いと思います。
僕もスタンダードで口座を持っています。

入力例ですが、このようになります。

ここまで入力が完了しましたら、「ステップ2へ進む」ボタンをクリックします。

 

このような画面が出ると思います。

ちょっと長くなりますが、下記に例を挙げながら説明しますね。

もうちょっとです!

生年月日 入力順は 日/月/年 となっています。
例1988年3月5日生まれ⇒5 3 1988 となります。
都道府県・市 例:大阪府大阪市⇒Osaka-shi Osaka-fu
区町村・町名 例:中央区松屋町⇒matsuyamati tyuou-ku
番地・マンション/アパート部屋番号 例:1980⇒1980
郵便番号 例:578-0425⇒578-0425
納税義務のある米国市民ですか? 日本人なので「いいえ」を選択
口座の基本通貨 EUR(ユーロ)、USD(米ドル)、JPY(日本円)が選択できます。
通常、日本円で良いでしょう。
レバレッジ 【1:888】を選択します。
口座ボーナス 「はい、ボーナスの受け取りを希望します。」を選択します。
投資額 (USD) おおよそで構いません。5-20,000でも問題ありません。
所得総額(米ドル)はいくら位だと推定できますか? おおよそで構いません。
純資産(米ドル)はいくら位だと推定できますか? おおよそで構いません。
学歴 該当するものを選択してください。
取引の目的および性質 どれでも構いませんので目的に合わせて選択してください。
雇用形態 該当するものを選択してください。
口座パスワード 希望のパスワードを入力します。
確認で同じものを2回入力する必要があります。

 

最期に確認項目でチェックを入れて「リアル口座開設」をクリックすると、口座開設申込みは完了です。

 

全ての内容に問題が無ければ、

口座開設フォームへ入力したメールアドレスに、XMから口座開設確認のメールが届きます。

長時間、メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダもチェックしてみてください。

「Eメールアドレスをご確認ください」をクリックすると、リアル口座開設は完了となります。

ですが、このままでは20万円までしか入金ができないことと、出金ができませんので、

会員ページにて、個人確認書類をXMへ送り、口座を有効化する必要があります。

 

STEP3.口座を有効化しよう!

 

まず、Eメールアドレスの確認が終わり、リアル口座の開設が終わった段階で、

XMからログインIDが記載されたメールが届きます。

 

ログインIDが確認できたら、会員ページへ飛んでみましょう。

ログイン画面が出ますので、

メールアドレスに記載されているログインID

口座開設申込み時に設定したパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

 

会員ページにログインできたら、以下の画面になりますので、「書類のアップロード」をクリックします。

書類のアップロードをクリックしたら、以下の画面になります。

 

 

この記事の最初に、身分証明書と住所確認書を準備してくださいと言いましたが、

手元に画像データはありますか?

 

もしまだ無ければ、以下を準備し、スキャナーもしくはスマートフォンで撮影し

アップロードしてください。

①身分証明書(下記のいずれか)

・免許証

・パスポート

・マイナンバーカード

 

②現住所が確認できるもの(下記のいずれか)

・過去6カ月以内の公共料金請求書(水道、電気、ガス、携帯電話、クレジットカード等)

・住民票

※①身分証明書と②住所確認書の情報は一致している必要があります。

 

アップロードは終わりましたでしょうか?

必要書類の提出が終わったら、1~3営業日ほどでXM側での確認がとれ、

口座が有効化されます。

 

これで口座の有効化は完了となります。

チャートを見て取引できるソフト、「MT5」のインストールは別記事にて解説します。

口座開設お疲れ様でした!