ブロックチェーン技術って?

コノエです、こんにちは~

今回はブロックチェーン技術って何なの?って話をするよ。

 

「仮想通貨って便利なのはわかったけどまだ胡散臭いよ」

って思うよね。

 

それって仮想通貨の技術がいまいちつかみにくいところがあるから。

色んな記事を見ていても良くわからない。

僕も色々と読んだけど「なんか難しそう」ってなってギブアップしていた。

でも最近、しくみがわかったので説明するね。

 

簡単に言えば「取引データの記録」。

銀行の台帳みたいなものだよ。

 

銀行って、銀行が顧客の入出金の記録をしていくよね。

で、それは顧客本人、そして銀行しか見ることができない。

確認に時間がかかるし、不正があっても誰も気付かない、気付きにくいよね。

 

それが今までのお金の弱点だったんだけど

仮想通貨の特徴って取引記録を、皆で共有しましょうっていう技術なんだ。

 

現在も、全ての仮想通貨の取引データはインターネット上で見ることができる。

2009年からこれはずっと続いてきていて

膨大なデータになるけどね。

 

 

どうやってそのシステムは動いているの?って話になると思うんだけど

銀行だったら、銀行に台帳があって、

「誰が〇〇円出金しました。」

「誰が〇〇円入金しました。」

「田中くんは鈴木さんに10000円振込みをしました。」

っていう取引データを銀行が台帳に書き込む。

 

 

でも、ブロックチェーンは、仮想通貨の取引データを

参加している人皆で共有する。

仮想通貨を持った時点で参加していることになる。

 

具体的に言うと

「田中くんは鈴木さんに1ビットコイン送りました。」

「山田くんは佐藤さんに3ビットコイン送りました。」

というデータを皆で共有することになる。

 

ビットコインを送る時点で

「田中くんは鈴木さんに1ビットコイン送りました。」

と参加者全員に発信されて

「確かに田中くんは鈴木さんに1ビットコイン、送ったね」

と確認、承認することで台帳に書き込むことができる。

 

そういう取引データが

大体10分で2000件取引があって

それを1ブロックとして台帳に書き込む。

そういうデータの集まり、ブロックが

チェーンのように繋がっていくことで

ブロックチェーンと呼ばれてるんだ。

 

下にまとめるね。

 

皆で共有するメリットって?

 

これは、皆で共有しているから

不正があっても、皆の台帳と一致しない時点で

見つけることができるし、不正をしようと思ったら

皆の台帳全てを書き換えないといけない…なんてことになる。

不可能では無いと思うけど

作業量として凄く膨大な作業になってしまうので

不正を働こうなんて気も起きないシステムなんだ。

事実、ブロックチェーンのシステムは2009年に発足してから

8年経った今でも破られていない。

凄いよね。

 

 

その技術って最近できたのかというと、そうでも無い。

 

これは、特定の場所にデータを管理する場所、サーバーを置かないという発想で

実はけっこう前からある技術。

 

皆のパソコンでデータを共有する。

「ファイル共有」って言うんだけど、

ちょっとパソコンに詳しい人なら「P2P」というのを聞いたことがあるかもしれない。

 

一時期、インターネットで「ファイル共有」というのが流行ったよね。

「MX」だとか「Winny」だとか。

それで公務員が極秘情報を流出しちゃったとかニュースに流れてた記憶が。

 

 

それってどうなの?

知らない人のパソコンとも共有なんて怖くないの?

情報共有して、デメリットは無いの?

 

ファイル共有っていうことは、参加者全員のパソコンでファイルを共有するんだから

自分のパソコンのデータとか、個人情報が流出しないの?ってなる。

次のページでそういった疑問に答えていくよ。