今までは、色んなサイトや、メールにログインするときは

「ID」「パスワード」を入力してログインしていました。

 

ですが、IDとパスワードを他人に知られたら

不正にログインされ、悪用されるなんてことが度々起きていましたね。

 

そこでいろんなセキュリティ方法が生まれましたが

最近では「二段階認証」というものがメジャーらしいです。

 

しかし、あまりピンとこなくて

仮想通貨を始めたときは二段階認証を設定していませんでした。

 

僕に仮想通貨を薦めてくれた人に

目の前で実際に二段階認証のやり方を見せてもらって

やっと理解しました。

 

今では全ての口座に二段階認証を設定しています。

 

僕と同じように

「二段階認証ってよくわかんないや、めんどくさいんじゃない?」って

思っている人もいるかと思いますので

ここでやり方を公開しようと思います。

 

では、二段階認証のやり方を説明しますね。

 

大雑把な流れはこうなります。

・スマートフォンにアプリケーションを入れる。
・該当口座のサイトから「二段階認証」の設定をする。
・サイトにQRコードが表示されるので、スマートフォンのアプリでQRコードを読み込む。
・スマートフォンに二段階認証のコードが表示されるので、そのコードをサイトに入力する。
・二段階認証の設定が完了する。
・今後、サイトにログインする際はスマートフォンのアプリに表示される認証コードを入力する。

 

これは、どの仮想通貨口座も同じような流れになります。

では、1つずつ順を追っていきましょう。

 

Google認証システムをスマートフォンにインストールしよう

Google 認証システムというアプリがあります。

iPhoneの場合は「Google Authenticator」というアプリらしいですが

どちらもほぼ同じです。

僕はAndroidのスマートフォンを使っていますので、

Android前提で説明をしますが、iOSも多分、操作方法は同じです。

 

【Android】
Google 認証システム

【iOS】
Google Authenticator

 

AndroidならPlayストア、iPhoneならAppShopにアクセスし

Google 認証システム/Google Authenticatorを検索し、

インストールしましょう。

ここまでは大丈夫ですね。

 

該当口座のサイトから「二段階認証」の設定をする。

サイトによって色々だと思いますが

大体は「個人設定」「設定」「セキュリティ」「セキュリティ設定」などの項目から

設定することができると思います。

「二段階認証を設定する」をクリックしましょう。

 

 スマートフォンのアプリでQRコードを読み込む。

サイトの二段階認証設定の項目まで進んだら

QRコードが表示されましたか?

そのQRコードは、スマートフォンのGoogle認証アプリで

 

+マークをクリックすると「バーコードをスキャン」と出ると思います。

そうしましたらカメラが起動するので

画面に表示されているQRコードを読み込みましょう。

 

 

二段階認証コードをサイトに入力する

スマートフォンのアプリに表示されている二段階認証コードを

サイトに入力します。

 

※画像のように、複数のサイトで二段階認証を設定していると、

ずらーっと複数のサイトの認証コードが表示されることになりますので

該当するサイトのアドレスを確認してくださいね。

 

そうすると、二段階認証の設定が有効になります。

これで二段階認証の設定は完了となります。

 

今後はサイトにログイン時や、仮想通貨の送金時に

二段階認証を求められるかと思いますので

その際はスマートフォンのGoogle 認証システムを起動して

表示されている6桁の番号をサイトに入力することになります。

 

これであなたのセキュリティは強固なものとなります。

お疲れ様でした!